進入內容區塊

篤行十村眷村文化保存園區

廣告輪播上一張 廣告輪播下一張 載入圖片
篤行十村(另開視窗) 陰影
icon icon
  • 微博
  • FB
  • Plurk
  • line
  • google+
  • gmail
  • yahoo
  • hotmail
  • outlook
  • 友善列印
  • 字級設定:
  • 小字
  • 一般
  • 大字
澎湖低炭素島展示館

開館時間:

04月~09月 8:00~12:00 14:00~18:00

10月~03月 8:00~12:00 13:30~17:30

休館:大晦日(旧暦) 入館無料

 
澎湖低炭素島展示館
「澎湖低炭素島づくりプロジェクト」の推進より、澎湖に元々の観光資源に加えてもう1つ、新しい観光の目玉が加わりました。訪れる観光客や国内外団体客に澎湖の新しい「低炭素島」という側面を認識していただくために、「篤行十村」を選定して「澎湖低炭素島展示館」が計画され、2014年4月20日、正式オープンとなりました。この展示館は張雨生物語館と潘安邦記念館に隣接しています。今後、澎湖県庁の企業誘致作業と共に、このエリアに低炭素プロジェクトの力を注いでいきます。
展示館は馬公市新復路一巷7号にあり、元の眷村屋舍を展示館に改装しました。館内の展示内容は、低炭素島物語エリア、低炭素島づくり計画内容と過程の説明、太陽光発電システム設置20プロジェクトの紹介、風力発電エリア、スマートエネルギーエリア、グリーン物流の紹介、低炭素生活教育エリア、フィルム観賞エリアなどとなっています。また、各エリアの属性に基づいたインタラクティブなゲームが設置されており、参観者の興味と展示効果を高めています。
 
  • 澎湖低炭素島展示館
  • 澎湖低炭素島展示館
  • 澎湖低炭素島展示館
  • 澎湖低炭素島展示館
  • 澎湖低炭素島展示館
  • 澎湖低炭素島展示館
瀏覽人次:79 人
更新日期:2018-02-08
底圖區塊