進入內容區塊

篤行十村眷村文化保存園區

廣告輪播上一張 廣告輪播下一張 載入圖片
篤行十村(另開視窗) 陰影
icon icon
  • 微博
  • FB
  • Plurk
  • line
  • google+
  • gmail
  • yahoo
  • hotmail
  • outlook
  • 友善列印
  • 字級設定:
  • 小字
  • 一般
  • 大字
情報サービスステーション

水曜日から日曜日 09:00-12:00 14:00-17:00

月曜日、火曜日及び国定休日は休館 ; 入館無料

 
篤行十村眷村文化保存園区情報サービスステーションは「毋忘在莒(莒に在るを忘るるなかれ)」と書かれた石碑東側の新復路5号館舍に位置し、新復路の眷舍面積最大の家屋に面しています。家屋の面積は約30.6坪で、日本統治時代初期、高官居住用に立てられた一戸建ての建物です。建物全体は、かつてのスタイルを留めており、小屋の屋台骨、寄棟造りの屋根、羽目板の外壁、2本の赤レンガ煙突、突出した窓、タイル造りの架高床、犬走りと排水溝が設置され、十分に日本統治時代の官舍宿舍建築の特色を示しています。
篤行十村眷村
本棟建物は長らく修繕されておらず、建物の破損がひどかったため、文化局は2013年、修復を完了させ、観光客に園区解説資料を提供し、澎湖眷村の観光イメージを推進しています。
内部展示空間は3つのエリアに分かれています。Aエリアには立体模型が設置され、園区の地理的位置と周辺の澎湖古跡や歴史建築を理解することができます。また、篤行十村眷村文化保存園区の成り立ちと歴史沿革の紹介パネルが設置されています。Bエリアはタッチパネルと展示パネル方式で建築の特徴、今後の発展、眷村保存再発展年表が紹介され、関連する昔の写真がライトボックスとして展示されています。Cエリアは休憩エリアで、篤行十村眷村文化記念スタンプにより、思い出のスタンプを残すことができます。
「篤行十村眷村」は、日本統治時代と戦後の建築物、国軍精神の標語、赤門といった眷村の特色を擁し、澎湖眷村の重要な生活を表現しています。また、早朝の静けさ、午後の瞑想、夜の散歩など、いつ来てご観覧いただいても最高のひとときをお約束します。思うがままの心の旅をされたいのなら、是非、澎湖眷村を訪ねる旅をご計画されてはいかがでしょうか。
 
  • 篤行十村眷村
  • 篤行十村眷村
  • 篤行十村眷村
  • 篤行十村眷村
  • 篤行十村眷村
  • 篤行十村眷村
  • 篤行十村眷村
  • 篤行十村眷村
  • 篤行十村眷村
瀏覽人次:103 人
更新日期:2018-02-07
底圖區塊